エラ矯正と、手術をしよう

エラが張っている人もいます。エラがあると、顔が大きく見えたり、かおが四角く見えるので、出来るだけ髪をアップにせずに、横の髪を下ろしている人も多いです。横の髪を下ろすと、顔がほっそり見えても、髪を耳にかけると、角ばった輪郭がはっきり分かるようになります。そんな悩みを持っている人は、サロンに行って矯正を受けてみるといいです。プロの人によって施術してもらえるので、終わった後に顔がスッキリします。しかし、それだけで満足できない人は美容外科に行ってエラ削りの手術を受けることも出来ます。手術をする時にメスを使いますが、メスは口の中を切って行うので傷口が目出つ心配がないです。その為、誰にも気づかれることなく、手術出来ます。しかし、手術をしたら、かなり顔が腫れるので、仕事をしている人は、長期の休みが必要になります。

エラを矯正して小顔に見せる

美容整形も最近では、メスを入れないでとか、切らないでとか、簡単に日帰りで出来る施術が主流というか、ブームになっているように感じられます。たとえば、目の二重手術などの関しましても、昔は、瞼を切って、縫うといった本格的な手術だったようですが、最近では、そのようなことはしないのが、当たり前になってきているようです。あとは、顔の輪郭のことに関しましても、同じようなことが、言えるようです。たとえば、エラが張っていて、顔が大きく見える場合には、昔であれば、それこそ、エラである、骨を削るという大手術をしていたと考えられます。ところが、最近では、矯正のような方法で、注射器でヒアルロン酸やコラーゲンを、必要な部位に注入して、エアの張りを目立たないように工夫するといった施術に移行しているようです。そういった方法であれば、大きな失敗も防げるのではないかと考えられます。

エラの矯正での注意点

人それぞれコンプレックスはあります。自分の顔とは一生つきあっていくものでコンプレックスをそう思わないで生きる方法もあります。チャームポイントととらえます。しかし、どうしてもエラ等、自分ではどうしょうもない場所がコンプレックスだとするとなにか手段がないかと考えます。そのコンプレックスのエラを矯正する方法です。この方法は素人では無理な事で美容整形等にお願いをする流れになります。カウンセリングをしっかりと受けて、不安な事はすべて質問をします。リスクがあることは勿論のこと、100%の保証はありません。矯正結果が自分の思った通りになると性格が変わるかもしれませんし、人生もっと前向きになるかもしれません。なにかきっかけになることが美容整形にいくことかもしれませんが、まずは一度リスクをしっかりと考えて行動を起こすことが大切な事です。