顔のエラ矯正の率直な意見

正直な話、顔のエラの矯正はあまりよくないと思っています。矯正をしたい方やした方は自分の顔が少しでも細くなり、可愛くなりたいやかっこよくなりたいと思っている方が大半だと思っています。確かにそれをすることによって、顔の形が変わり細くなり、可愛くなったりかっこよくなったりするかもしれないけれど、自分の顔を変えるということはいくら日本でも危険があるということを忘れないでほしいと思っています。例えば、エラのハリを抑える矯正の注射を打ってエラにある頬肉、頬骨が落ち、顔がゆがみ、まるで別人になってしまい取り返しのつかないことになってしまうという例が過去にあります。この例は極まれにあるようですが、極まれといっても0%ではありません。危険だからといってしてはいけないとは言っていません。過去にこの事例があるということを知って受けてほしいとおもっています。

エラの矯正におもうこと

エラの矯正に思う事は、やはり女性だとエラが張っていると気にする方もいるのではないかな。とは考えますが、どうしても気になる場合おかっぱヘアーにしてみると、顔の両端が隠れますし、多少顔が大きくても小顔に見せることが出来ます。モデルさんである場合は最低でも165cm必要で約8頭身という感じでないとオーディションには受かりにくいみたいですが、モデルの世界でないのであれば例えば例として161cmぐらいの身長であればおかっぱにするとかなり顔を小さく見せることが出来ると判断しています。顔の大きさはエラ矯正の手術で直すことが出来ると考えますが限度がありますので、あとは髪型でカバーするという感じでよいのではないでしょうか。目の小さい人もメイクで何とかなりますし、ただ身長等の骨格系の美容整形は難易度が高そうですけどね。

エラの矯正を自分で行うには

顔のエラが張っていることを悩んでいる人はとても多いでしょう。どうしても顔が大きく見えてしまいますし、気が強そうな印象を与えてしまいます。顔の輪郭がスッとしていれば上品に見えますし、小顔に見せることも出来ます。ですからなんとかエラを矯正したいと考える人も多いのではないでしょうか。方法としては美容クリニック等で整形手術を受けるというものがあります。でも費用がかかりますし、顔にメスを入れることに対するためらいを感じる人もいるでしょう。それなら小顔サロンに行ってみるのもお勧めです。こうしたサロンではマッサージ等によって小顔効果を高めてくれます。もちろん骨格やマッサージについて正確な知識を持っている方なら自分で行うことも出来るでしょう。ただしマッサージしたからといって瞬時にエラの矯正が出来るわけではありませんから、根気よく続ける必要があります。